貯金は必要

離婚をしてからお金が無くて本当に困りました

私が一番今までの人生の中でお金に困った!ということは、離婚してシングルマザーとして
子供と一緒に家をでたあとでした。ずっと実家暮らしだったし、結婚しても専業主婦だったので、自分ですべての生活費を稼いだことがなかったので、毎日生きていくのって本当に大変なんだな・・としみじみと思いました。家賃、光熱費、生活費、、本当に貯金もどんどん無くなっていって、どうしようかと思いました、。

 

とにかくお金がなくて、すぐに子供を保育園にいれて働きだしました。それでも、男性のように稼ぐことができなかったので、本当に毎日の食費をけずったり、実家からたまにお金を借りたりして、なんとか小さなアパートで二人暮らし、なんとかがんばりました。

 

結構、保育園も認可でもお金もかかりますし、友達のお誘いものらりくらりと断りながら、なんとか小学生までがんばりました。小学校になったら、そこまでお金もかからなくなるので、ありがたいのですが、部活などがはじまったら、部活によってはいろいろな道具をそろえたりしないといけないのかぁ・・なんて思うと、節約生活は続けて、貯金をなるべく増やしていきたいと思っています。子供にはあまりお金に困っていることで我慢はさせたくないので。

 

2匹の愛犬の手術でお金に困りました!

わたしは、犬を2匹飼っているのですが、その一匹が、エサとして与えたチキンの骨が食道に刺さり、緊急手術をすることになったのです。
愛犬は、10歳。今まで病気ひとつしない健康な犬なので、ドッグ保険のようなものは、考えてもいませんでした。今回も、病気ではなく、わたしの不注意の事故からだったので、生活費をなんとか絞りだして、お金をつくるしか方法がありませんでした。ドッグ保険にしても、犬の年齢制限が7歳までということで、加入できませんでしたし。
手術費用は、レントゲンに始まり、開腹手術、入院費、手術後の薬、食事代、そしてリハビリ費と合計40万円かかりました。保険なしなので、相場だと思います。
とりあえず、手術は成功し、犬が回復していくが分かった時点で、命に返られないことだと安心した矢先、今度は、もう一匹が、アキレス腱を切る大怪我をしました。これも、不意の事故でしたが、予想外な上に、保険にも加入していなく、このとき、初めてお金に困って、金融機関にお金を借りにいきました。10万円でした。
このように、わたしたちは、不意の出費に弱い、つまり余裕がないギリギリの生活をしていることを改めて知らされました。そういう意味でも、お金は、余分に貯めておく必要がありますね。